救われる命

落胆する

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側にできる腫瘍のことを言います。
脳腫瘍には二種類あり、頭蓋骨の中にある脳や血管からできる原発性脳腫瘍と癌などによって転移してくる移転性脳腫瘍があります。
腫瘍ができると頭痛や嘔吐などが引き起こされます。
しかし、これらの症状だけでは腫瘍ができていると判断できる人はあまりおらず、病院に来るのが遅れるということもしばしばあります。
また、腫瘍によって脳の神経が圧迫されて視力障碍や身体の麻痺が起こることもあり、これらの症状が出てくると不審に思って病院を訪れるという人も多くいます。
このように腫瘍ができていた場合は、病院でなるべく早く治療することが大事になります。
治療方法は技術の高まりで増加してきており、安全性もかなり上がってきています。
そのため、腫瘍ができた患者のほとんどが治療によって元の状態に戻れるようになっています。
治療方法は、手術によって腫瘍を摘出する外科手術や、放射線を使う放射線治療、脳の血管に薬を投与する化学療法があります。
これらの治療法は昔から行われてきていますが、特に放射線治療は重粒子線などを使った最新技術による治療も行われるようになってきており、かなり技術が進歩していることを実感できます。
今でも発見が早ければ、かなりの確率で脳腫瘍から回復することができます。
しかし、発見が遅れた場合でも腫瘍ができた場所によっては助かる確率が残っており、腕のいい有名な医者の所には全国から多くの患者が集まってきています。
最近では、様々な症例に対応できるような医者を排出しようと、各大学の医学部では様々な技術の伝授が行われています。
今優秀な医者から技術を学んでいる学生たちが、これから医者として脳腫瘍で悩む人々を高い技術力で救うことができるようになります。
治療方法もこれからより多くの種類が開発されると予想され、より助かる患者の数は増加すると考えられます。
脳腫瘍になっても怖くない日が訪れる確率が高くなっています

オススメリンク

悩む

免疫療法

脳腫瘍とは、脳内で異常細胞が増殖して塊となったもののことです。
良性と悪性とがあり、そのうち悪性には、脳内で異常細胞が発生したものと、他の場所から転移してきたものとがあります。
Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031